人気ブログランキング |

u37 message & photograph

u1miwa.exblog.jp
ブログトップ

<   2016年 11月 ( 15 )   > この月の画像一覧


2016年 11月 30日

チームに勢いをつけていく秘訣


 組織(チーム)、家族、仲間、コミュニティー、ユニット… 

 が、いかにうまくいくかは
 

 それぞれの個人のひとりひとりの

 能力、技術、知識、経験よりも
 

 どれだけ

 気持ちがそろっているか

 方向性が合っているかで

 ほとんど決まる。
 

 あとは
 

 「どうせ、やるなら!」

 「せっかくなら」
 

 というダメ押しの行動の積み重ねで

 進んでいける。
 
 
 
 
____________

by u1miwa | 2016-11-30 22:43
2016年 11月 29日

不調から抜け出す5つの出口

 
 急に不調になるときは

 たいてい

 エネルギーが分散してしまっているか

 エネルギーを注ぐところがズレているかのどちらか。
 

 復活するためには
 

 以下のことを意識して

 見直してみる。
 

 1)意識、お金、時間をかけるところが分散してはいないか?

 2)目先にとらわれて、そもそもの目的や目標を見失っていないか?

 3)ズバリ、余計なことをしていないか?

 4)誰かを敵にして、恨まれたり、嫉妬されたりしていないか?

 5)やれることを最後まで、確実にやり切っているか?



 
____________

by u1miwa | 2016-11-29 20:01
2016年 11月 25日

「何をするか」よりも「誰といるか」


 人生は

 誰と一緒にいるかで

 ほとんど決まる。
 
 
 
 そもそも

 どんな人と一緒にいたいのか?
 

 その人は

 どんな価値観・仕事観・死生観を持っていて
 

 周りと

 どんな関係を築き

 どんな姿勢で働いている人なのか?
 

 その人に対して

 役に立てそうなことは、何か?
 
 
 
 それを問い続けて

 明確にしていくほど
 

 自分が何をしていけばいいのか見えてくる。

 
 
____________

by u1miwa | 2016-11-25 07:19
2016年 11月 23日

周りのせいにせずに、自分で自分を盛り上げる


 秘められた才能や能力を発揮して

 活躍している人たちには

 共通点がある。


 そのひとつが


 自分で自分をいい状態に持っていく

 言葉、表情、態度、思考の

 4つの習慣を持っている。



1.いい言葉を選ぶ

 元気になる言葉に触れ

 明るい言葉を選び

 前向きな言葉を使う。


2.いい表情をつくる

 楽しいことがあったら、楽しそうにするのではなく

 何もなくとも、楽しそうな表情をする。


 また同様に

 嬉しそう、幸せそうな表情もする。


3.いい態度に変える

 「よし!どうせなら、とことん、やろう!」

 と積極的に自ら進んで

 嬉々として喜んでやる。


4.いい思考を選ぶ

 「できない…」と考えるのではなく

 「どうすれば、できるようになるか?」と考える。


 「…が無いからムリかも」と諦めるのではなく

 「今、できることは何か?」と問いかける。




____________

by u1miwa | 2016-11-23 11:44
2016年 11月 19日

「仕事」と「プライベート」との関係


 よく昔から

 「公私混同はするな」と言われたり

 仕事とプライベートを分けるのが社会人とされる。
 

 しかし、そうは言っても

 実際は

 プライベートは、仕事に直結して

 絶対に切っても切り離せないもの。
 

 プライベートの衣食住(私生活)がめちゃめちゃなら

 仕事でもいい環境には恵まれない。
 

 プライベートの人間関係が乱れていれば

 仕事での人間関係も乱れてしまう。
 

 プライベートで大きな問題を抱えていたら

 仕事でも問題が連鎖していく。
 
 

 逆に言うなら
 

 プライベートの衣食住(私生活)をきちんとすれば

 仕事でもいい環境といい人に恵まれていく。
 

 プライベートでの人間関係がしっかり築けているなら

 自然と、仕事での人間関係もうまく回るようになる。
 

 プライベートで勃発した問題を解決していけるなら

 仕事で起きる多くの問題は瞬殺していける。
 

 すなわち
 

 誰も見ていないひとりのときに、何をしているのか?

 家族はどんな状況で、どんな関係を築いているのか?

 私生活で何に気づき、どれだけ自分を高めているか?
 
 
 それで

 仕事は決まる。
 
 

____________

by u1miwa | 2016-11-19 08:20
2016年 11月 18日

個性は強くなくていい、個性を活かせるような生き方の方が大事


 自分の思うがままに

 自由にやることが

 個性を発揮することではない。
 

 個性を活かすためには

 「型」と「筋」の2つが大事になってくる。
 
 

 「型(基礎)」を

 しっかり身につけてないと
 

 結局、自分の好みのパターンばかりで

 応用や工夫ができず
 

 相手不在になり

 自分の都合を押しつけることになってしまう。
 

 型を体得すれば

 基本能力が上がったうえで
 

 さらに
 
 自分の強み、得意分野、武器、才能などが磨かれていき
 

 相手に合わせて

 個性を発揮することができるようになる。
 

 また
 

 筋を通し

 立てるべき人をちゃんと立てていないと
 

 個性が暴走して、凶器となってしまい
 

 誰かにしわ寄せが行って、尻拭いをさせてしまう。

 人を傷つけたり、迷惑をかけてしまう。
 
 

 人の気持ちを察して

 全体の流れを意識していれば
 

 立てるべき人を、どう立てればいいのか
 

 自分のやるべきこと、段取り、役割と

 立ち振る舞い方が分かってくる。
 

 その筋を通し続けていると
 

 逆に、周りから

 自分の個性を活かせるような仕事を頼まれたり
 

 自分が引き立つような

 接し方や関わり方をしてもらえるようになっていく。
 
 


____________

by u1miwa | 2016-11-18 08:26
2016年 11月 17日

あの人は、自分と同じではない


 自分がされてイヤなことは

 相手にすべきではない。
 

 しかし
 

 自分がしてもらって嬉しいことを

 良かれと思ってやるときほど
 

 相手には合わないことが

 意外に多い。
 

 自分の当たり前、判断の基準、頑張れるスイッチを

 全部いったん置いておいて
 

 まっさらな気持ちで

 相手の背景、立場、育ち、特性、好み、クセを

 知ろうとすること。
 

 そのうえで

 相手の本質に合った関わり方や

 個性を活かせる環境を

 試行錯誤しながら、手探りで見つけていく。
 
 


____________

by u1miwa | 2016-11-17 08:40
2016年 11月 15日

なぜ、変えたいと思うほど、変えられないのか?


 「変わりたい!」と強く思っても

 多くの人は、なかなか変われない。
 

 なぜなら

 「変わらなければ…」

 と、プレッシャーが強くなって
 

 「変わっていない自分はダメだ」

 と、自分を罰してしまうから。
 
 

 「変わりたい」と思うよりも
 

 「改良しよう」「改善しよう」

 と決めてみる。
 

 すると

 どんな小さなことでも変えていける。
 

 ほんの些細なことでも

 変えるたびに、喜びを感じられる。
 

 そのときに

 こうつぶやいてみる。
 

 「今日も、一歩前に進んだ。感謝」
 「なにごとも細かいことの積み重ね」
 「ベビーステップでモチベーション維持」

 そんな日々をおくっていたら

 気づけば

 現状は大きく変わっている。
 
 

____________

by u1miwa | 2016-11-15 12:59
2016年 11月 09日

やる前から、負け戦にならないために


 何かに追われて、やらなければならないとき。

 ここ最近、よくない流れが続いているとき。
 

 「何か、いい方法ないかなぁ」

 「自分ができそうなことはないかなぁ」

 「もし、ダメだったら、どうしよう...」
 

 もし、そんな引け腰で

 ヌルい気持ちならば
 
 
 戦う前から

 負け戦が決定している。
 

 ・やろうとしても、周りにカンタンに流されてしまう。

 ・考えても、現状を打破するアイディアは、何も思いつかない。

 ・才能や長所も発揮できず、今までの経験が何も活かせない。
 

 そもそも

 取り組む前の気持ち(心の温度)で

 結果は、9割決まってしまう。
 

 どうせやるなら、腰をすえて
 

 「絶対に、やるぞ!」

 「何とかするしかない」

 「もし最悪ダメでも、そのときは…」

 という

 強い意志、熱い思い、深い覚悟を持てば
 

 周りとぶつかることもあるが

 その衝突したエネルギーがスパークして

 第三の妙案が降りてくる。
 

 また
 
 自分の出番、役割、活躍の場も

 向こうからやってきて

 流れも大きく変わっていく。
 
 


____________

by u1miwa | 2016-11-09 06:53
2016年 11月 08日

結果を出せばいい働き方から、文化をつくる働き方へ


「繁盛」と「繁栄」は

 まったく違う。
 

 繁盛は、短期的、個人的、表面的、個人プレー、独占、儲け
 

 繁栄は、長期的、全体的、根本的、チームプレー、連携、貢献


 今までは

 繁盛するための

 考え方、テクニック、ノウハウ、スキル

 などの情報ばかりが溢れていたが
 

 それらが

 だんだんと通用しなくなってきている。
 

 なぜなら

 繁盛の時代から

 繁栄の時代へとシフトしてきたから。
 

 決定的な違いは

 繁栄するには

 「文化(カルチャー)」をつくることが大事になってくる。
 

 まずは

 自分、会社、チーム、組織、家庭、コミュニティーの内部で

 どんな文化をつくっていきたいのかを考えてみる。
 

 文化とは
 

 ・どんな生き方(働き方)が、カッコいい(美しい)のか。

 ・どんな価値観を大切にして、どんな基準で判断するのか。

 ・何を楽しいと感じて、どう楽しんでいくのか。
 

 まずは

 その世界観(人生観)で

 自分が実践し続けること。
 

 そうして

 自分が楽しんでいる瞳と背中を通じて

 周りを感化していき

 少しずつ浸透・成熟させていく。
 

 それから、ようやく

 内部で広がった文化が

 お客さん、パートナー、関係者、地域、世の中...。

 と、外に伝わっていく。
 
 


____________

by u1miwa | 2016-11-08 07:45